デジタル化された家電の出始めとしては、CDプレーヤーがありそうです。周りはアナログだらけでした。

デジタル化された家電のはしり・CDプレーヤー
デジタル化された家電のはしり・CDプレーヤー

デジタル化された家電のはしりとしてはCDプレーヤー

音楽を聞くときに、レコードを利用することがあります。
今の人はレコードを見たことがない人もいるかもしれません。通常の家庭ではあまり見られなくなりました。
でもDJなどではレコードを利用することがあります。
あの独特のリズムはレコードでなければできないことでしょう。通常の音楽を楽しむときは、まずプレーヤーにレコードを置きます。
そしてレコード針を持ちます。
するとレコード置いている盤が回り始めます。
そして、一番外側の溝に針を置きます。
この時、何も音がしないように置くのがポイントです。

雑に置くとボツボツと音がしてしまいます。
しばらくすると、1曲めが流れてきます。
A面が終わればB面があります。
カセットテープと同様です。

このレコードのことをアナログレコードと呼ぶことがあります。
それに対応するものとしては、デジタルのものになるでしょう。家電製品においては、比較的早くに登場したものです。

それがCDプレーヤーになります。
レコードではなく、コンパクトディスクを試聴するための機械として登場しました。
ボタンを押すと自動的にトレイが出てきます。
そこにCDを置いて、トレイをしまいます。
後は再生を押せば音楽がスタートします。
レコードとの大きな違いとして、A面、B面がありません。すべて同じ面に録音されています。
出始めた当初は、カセットテープにダビングすることが多かったです。

そのため、時間の計算をしながら録音した記憶があります。
カセットテープに合わせるようにです。

その後、アナログと融合した製品が登場します。
CDラジカセです。

ステレオからではなく、手軽にラジカセでダビングが出来るようになりました。
今はカセットテープがなくなってMDであったり、ハードディスクにダビングする時代になっています。
それを携帯音楽プレーヤーに転送すれば、外で楽しむことができることになります。
以前時間をかけて行なっていたことが、今は簡単にできるようになりました。
時代の流れを感じる時です。